赤ニキビ跡に効果のあるタンパク質

MENU

赤ニキビ跡に効果のあるたんぱく質について

なかなか治らない赤いニキビ跡は、メイクで隠すのも大変で本当に困ってしまいますよね。
赤いニキビ跡を一日も早く治したいのなら肌の再生力を上げることです。

 

肌の再生力のアップには、肌のターンオーバーの促進同時にとタンパク質補給が必要です。

 

 

タンパク質は肌の原料

 

人間の肌や髪の毛、爪、臓器や筋肉などは全てタンパク質が原料となっています。

 

タンパク質がなければ、人間の体のほとんどは成り立たないのです。
肌を作り出す時には、原料が必要となってきます。
つまり、それがタンパク質なのです。

 

タンパク質不足で、ニキビや肌荒れを起こしたことはありませんか?
それは肌の原料不足により、肌のターンオーバーが行なわれにくくなったためにできたニキビや肌荒れだと考えられます。

 

 

ビタミンを摂っていてもタンパク質不足では意味がない

 

肌のターンオーバーを促し、肌の再生力をアップさせるにはビタミンが必要です。
特にビタミンB群は新陳代謝を活発にするためにとても大事な栄養素です。

 

しかし、いくら新陳代謝がよくなっても、肌の原料であるタンパク質が不足していたならばなかなか肌は再生されません。
再生したくても原料不足で再生できない状態となるのです。

 

タンパク質も摂りながら、ビタミンもしっかり摂るというのが一番理想的です。
せっかく摂ったビタミンを無駄にしないために、毎日しっかりとタンパク質も摂るように心がけましょう。
赤いニキビ跡を消すためにはタンパク質は不可欠なのです。

 

 

肌にいいタンパク質を含む食べ物とは?

 

タンパク質には大きく分けると2種類があります。
動物性タンパク質と植物性タンパク質です。

 

物性タンパク質は肉や魚、チーズや卵などに主に多く含まれています。
植物性タンパク質は大豆や豆腐、おから、豆乳、そして納豆などです。
どちらも肌の再生力を上げるための肌の原料としてとても重要なタンパク質です。
動物性、植物性のタンパク質が含まれる食品をバランスよく摂るように心がけましょう。

 

 

特に女性にとって、植物性タンパク質の大豆製品は必要な栄養素です。
女性ホルモンが乱れがちな生理前にも積極的に摂ることでホルモンバランスを整え、肌のターンオーバーが狂わないようにして赤いニキビ跡の改善に努めていきましょう。