赤ニキビに効果のあるビタミン成分

MENU

ビタミン類は赤ニキビ跡にしっかり効く

肌のターンオーバーを促すことで、新しく肌が再生するので、もうあきらめていた赤いニキビ跡も次第に消えていきます。
もう消えるわけがない…なんてあきらめないでください。
肌のターンオーバーを促し、再生力を上げるためにはビタミンの存在が不可欠です。

 

肌の再生に必要なビタミンを知ることで、赤いニキビ跡の改善に向けていきましょう。

 

 

ビタミンB2

 

肌のターンオーバーを促すために一番必要なビタミンはビタミンB2です。
ビタミンB2には、脂質や糖質、タンパク質を分解する働きもあります。

 

ビタミンB2が不足すると、ターンオーバーがされにくくなり肌の再生力も落ちてしまいます。
それによってニキビや肌荒れが起こる他に、ニキビ跡も治りにくくなるのです。

 

ビタミンB2が多く含まれる食材には、「レバー」「うなぎ」「チーズ」「牛乳」「納豆」「卵」「いわし」「さば」などがあります。
ビタミンB2が含まれる食材を毎日の食事に取り入れて、肌のターンオーバー促進で赤いニキビ跡を撃退しましょう。

 

 

ビタミンB6

 

ビタミンB6は、皮膚の炎症をおさえる働きがあるビタミンです。
ビタミンB2と同じく、肌のターンオーバーも活発にするので、肌の再生力はグッと上がります。

 

また、肌の細胞を活性化する働きもあるため、さらに肌の再生力は上がり、赤いニキビ跡に働きかけてくれるのです。
ビタミンB6を多く含む食材は、「にんにく」「まぐろ」「かつお」「鶏レバー」「ピーナッツ」などです。

 

 

ビタミンEとA

 

ビタミンEは老化防止のビタミンとしても広く知られていますが血行をよくして新陳代謝を活発にしてくれる働きがあります。
血行がっよくなるとその分、摂った栄養素も肌の隅々まで届くようになり、肌の再生を助けてくれるのです。
ビタミンEを多く含む食材は、「ひまわり油」「とうがらし」「アーモンド」「落花生」「小麦胚芽」などです。

 

ビタミンAは、古い角質層が排出されるように促す効果があるビタミンです。
肌が再生する時には、今までの古い角質層は排出されるのが正常なのですが、肌の状態が悪いと排出が難しいことがあります。
それを助けてくれるのがビタミンAの存在なのです。

 

ビタミンAが多い食材は、「レバー」「うなぎ」「人参」「ほうれん草」「シソ」などです。

 

 

ビタミンC

 

ビタミンCは体内では作り出されないビタミンの一種なので、外から補給するしかありません。
ビタミンCが不足すると、コラーゲンが生成されなくなり肌のターンオーバーがうまく行かなくなります。

 

コラーゲン不足の肌は乾燥しやすくなります。
ターンオーバーを促進するためには保湿が必要なのですが、コラーゲン不足で肌の保湿が難しくなると、ターンオーバーもされにくくなり肌の再生力は下がります。
ビタミンCを多く含む食材は、「アセロラ」「レモン」「赤ピーマン」「パセリ」「キャベツ」などです。

 

このようにビタミンには、肌のターンオーバーに関係するものがたくさんあります。
これらのビタミンを積極的に摂って、しつこい赤ニキビ跡を解消しましょう。