UVケアによる赤ニキビ対策

MENU

赤ニキビ跡の段階でしっかりUVカットしよう!

ニキビ跡の中で、赤いニキビ跡が紫外線に一番弱いのはご存知ですか?

 

ここでは、赤いニキビ跡の時になぜ紫外線に注意しなければいけないのかーうっかり焼きを防ぐためのUVカット方法をお話しします。

 

 

赤いニキビ跡が紫外線に弱い理由

 

赤いニキビ跡は、肌の中で炎症が起こり、それが残ってしまうことでできてしまいます。
ニキビの炎症による毛細血管のうっ血でできることもありますが、主な原因は肌の奥での炎症です。

 

赤いニキビ跡は、肌の奥で炎症が起こってしまったせいで、そこにメラニン色素もたくさん発生しています。
その上に紫外線を浴びてしまうと、メラニンで色素沈着しているところにさらにメラニンが発生して付着することで、茶色いニキビ跡へと変わることがあります。

 

茶色いニキビ跡は、赤いニキビ跡よりもしつこいので、しっかりと紫外線対策をしなければいけません。

 

 

UVカットを徹底する

 

紫外線は一年中降り注いでいます。
実は冬でも降り注いでいるのです。
ですから、厳密に言うと紫外線対策は一年中行なわなければいけないのです。

 

ところが、春先などはまだ紫外線対策をしていなかったり、室内にいれば紫外線は大丈夫だと油断していると、うっかり焼きをしてしまうのです。
そのうっかり焼きが、のちに赤いニキビ跡をひどくして、茶色いニキビ跡へと悪化させてしまう原因になるかもしれません。
赤いニキビ跡がある人は、どんな時でもUVカットを忘れないように心がけましょう。
一年中、UVカットをするくらいの気持ちでいてください。

 

ただし、UVカット力が高いクリームほど、肌への負担は強くなります。
紫外線がかなり強い季節、または長時間外にいる時と少しだけ外に出たり、室内で過ごす時などシーンによってUVカットクリームを使い分けるようにしましょう。

 

 

UVカットスプレーも活用する

 

UVカットクリームは、途中で塗り直しをしなければいけないこともあり、すごく面倒な時がありますよね。
しかし、面倒だからといって塗り直しを怠ると、紫外線を浴びて赤いニキビ跡を悪化させることになります。

 

メイクの関係や時間の関係でUVカットクリームの塗り直しが難しい人は、UVカットスプレーを試してみてはいかがでしょうか?

 

服や帽子の上からもスプレーができ、素早く紫外線対策ができます。
また、塗り直す必要もなく、数時間ごとにスプレーするだけなのでとても楽です。
続けやすいUVカット方法を見つけると続けやすいので、紫外線対策を徹底できます。