運動による赤ニキビ跡対策

MENU

運動不足解消で赤ニキビ跡も解消できる!?

適度な運動を普段からちゃんとしている人は、すごく肌が綺麗だと思いませんか?
それは運動により体の新陳代謝が活発になっているために、肌のターンオーバーもうまくいっているのです。

 

赤いニキビ跡がなかなか治らない原因のほとんどは、肌のターンオーバーがうまくいっていないからです。
ターンオーバー促進は運動をすることで解消されます。

 

 

運動不足解消でターンオーバーを促進

 

肌のターンオーバーを促進して、赤いニキビ跡を解消したいのなら、適度な運動がお勧めです。
運動といっても、体を酷使するような激しい運動ではありません。

 

酸素を体内に多く取り込む有酸素運動がターンオーバー促進には最適です。
有酸素運動にはウォーキングや軽いジョギングなどがあります。
あまり体に負担がなくて続けられそうな有酸素運動を続けてみてください。

 

次第に新陳代謝が活発になり、肌の水分と油分のバランスもよくなってきます。
すると、赤いニキビ跡も消えやすくなるのです。

 

 

運動で血行促進してうっ血を解消

 

赤いニキビ跡には、毛細血管が肌の内部でうっ血してしまっているものもあります。
うっ血しやすいのも、実は運動不足による血行不良がある程度関係しています。
普段から血行がよいと、たとえニキビによって炎症が起こり、血流にまで影響が出そうになっても、うっ血にはならないのです。

 

すでにできてしまったうっ血による赤いニキビ跡は、運動により血行を促進することでも解消できます。
少しずつでもいいので、運動をして血行促進に努め、赤いニキビ跡を解消しましょう。

 

 

運動でストレス発散してニキビ知らずの肌に

 

ストレスが多いと、ニキビや肌荒れを起こしやすくなります。
赤いニキビ跡がまだ残っているのに、その上から新たにニキビができてしまうということも、ストレスが多い人にはあり得ることです。

 

適度な運動は、ストレス解消にもなります。
週に2回程度でもいいので、軽く汗を流すくらいの有酸素運動をするように心がけましょう。
ビタミンなどの栄養をしっかり摂っていても、それを運ぶ血液の流れがよくなければ、体の隅々まで行き渡らせるのは難しくなってきます。

 

 

また、ストレス状態が続くことでも血行は悪くなりますから、血行不良によって新陳代謝が低下すると、肌の再生力も間違いなくダウンします。
そうなると、赤いニキビ跡もなかなか治らなくなるのです。

 

治らない期間が長いほど、さらにニキビ跡は消えにくくなりますから、是非適度な運動を心がけるようにしましょう。