ニキビ跡に効果のある美白化粧水

MENU

ニキビ跡対策のための美白化粧水の選び方

メラニン色素が残っている茶色いニキビ跡も、頑固でなかなか消えてくれません。
見方によっては、シミに見えてしまうこともありますから女性は特に気になりますよね。
まるでシミを隠す時のように、茶色いニキビ跡を隠すのにも時間がかかります。

 

ここでは、メラニンにより色素沈着した茶色いニキビ跡を消すのに有効な美白化粧品を選ぶポイントをお話しします。

 

 

しつこいニキビ跡にはビタミンC誘導体は効きにくい

 

最近できた茶色いニキビ跡なら、まだできてから日が浅いこともあり、ビタミンC誘導体配合の美白化粧品でもメラニン色素を分解しニキビ跡を改善してくれます。
しかし、ビタミンC誘導体はどちらかと言うとメラニン色素の発生を抑える働きの方が強いので、長い間残っている茶色いニキビ跡にはあまり効きません。

 

美白化粧品といえば、ビタミンC誘導体配合のものが多いですが、本気でニキビ跡を消したいのなら、あまり選ぶべき美白化粧品ではありません。

 

 

メラニン色素を分解する3つの美白成分

 

美白化粧品に配合されている成分の中で、メラニン色素を素早く分解することで有名な成分は3つあります。
「ハイドロキノン」「アラントイン」そして「紫根エキス」です。

 

紫根エキスとは、ムラサキ草という植物の根から取ったエキスで肌の新陳代謝を促す効果があります。
アラントインは、コンフリーという植物から作られた成分で細胞の働きを活性化し、肌の再生力をアップさせる効果があるのです。
アラントイン、紫根エキスの美白効果によっても色素沈着によるニキビ跡は改善されます。

 

しかし、さらに優れているのがハイドロキノンなのです。

 

 

ハイドロキノン配合の美白化粧品を選ぶべき

 

美白効果が最も高い成分として最近注目されているハイドロキノン。
ハイドロキノンには、今までの美白成分の約100倍ほどのメラニン分解力、抑制力があります。
効くのも早く、シミやソバカスを消したい女性からも注目されている成分です。

 

色素沈着によって茶色く残ってしまったニキビ跡の原因は、メラニン色素が残っていることです。
そのメラニン色素を素早く分解し、さらにはメラニン発生を抑えることで、頑固なニキビ跡を解消したいのならハイドロキノン配合の美白化粧品がおすすめです。

 

ハイドロキノンの美白効果は、アメリカでは以前より有名です。
日本では、比較的まだ歴史が浅いので、悪い噂や間違った情報が流れていることもありますが、一度使用してみてからその効果を実感していただきたいです。