クリニックによるクレーター治療

MENU

クレーター状のニキビ跡をクリニックで消す方法

ニキビ跡の中でも一番厄介なクレーター状のニキビ跡は、自分で治すのは不可能です。
お金がかかるからクリニックには行きたくないという人もいるでしょう。
「お金をかけて本当にクレーター状のニキビ跡が消えるのか?」と不安になっている人もいるでしょう。

 

しかし、クリニックで治療すれば安全に確実にクレーター状のニキビ跡は消すことができます。
ここでは、クリニックでのクレーター状ニキビ跡の治療方法についてお話しします。

 

 

角質を剥がすピーリング治療

 

クリニックで行なわれているクレーター状ニキビ跡の治療方法の中で一番メジャーなのが「ピーリング治療」です。
家でピーリングをしたことがある人はある程度イメージできると思います。

 

ピーリング剤を使って、肌の一番表面側にある古くなった角質層を剥がすことで、クレーター状になったニキビ跡を消して行くというものです。
クレーター状のニキビ跡がある肌はターンオーバーがあまりされずに固くなっていることが多いです。
しかし、ピーリングによって古い角質が剥がれることで新しい角質を生み出そうと働くために、ターンオーバーを促すことができるのです。

 

アフターケアの保湿もクリニックならしっかりと行なってくれるので安心です。

 

 

光線を当てるレーザー治療

 

ピーリングによって角質を剥がすくらいでは、クレーターが改善されない場合には「レーザー治療」で確実に治すという方法もあります。

 

レーザー治療は、クレーターを治療するために有効な波長の光と熱を当てる治療方法です。
治療時間も短く、副作用やトラブルも少ないのに、クレーター状のニキビ跡に高い効果が見られるので好評です。

 

 

特別な波長の光を当てる光治療

 

クレーターが広範囲に広がってしまっているニキビ跡の場合には、「光治療」を用いられることがあります。
この治療方法は、クレーター状のニキビ跡だけではなく、メラニンによる茶色いニキビ跡、血液による赤いニキビ跡にも効果があります。

 

光を用いた治療なので、一度に広範囲の治療ができます。
広範囲にクレーター状のニキビ跡がが広がってしまっている人は、光治療を検討した方がいいかもしれません。