黒いニキビ跡の原因と対策

MENU

なぜできる?黒いニキビ跡を残さないためには

黒ニキビは、白ニキビと同様まだ炎症は起こっていないので、赤ニキビに比べてニキビ跡ができる可能性は低いです。
しかし、黒ニキビを放っておくと、黒くなった皮脂がつまったままの状態が続くことで、毛穴の黒ずみになることがあります。

 

ここでは、黒ニキビがなぜ、毛穴の黒ずみとして残ってしまうのか、その原因をお話しします。

 

 

肌のターンオーバーが乱れている

 

本来ならニキビができても、肌のターンオーバーにより皮脂が排出されて白ニキビの段階で治ります。
しかし、肌のターンオーバーのサイクルが乱れて遅くなると、新しい細胞が古い細胞を押し上げるという新陳代謝による皮脂の排出がスームズにいかなくなるのです。
すると、皮脂が毛穴につまっている時間が長くなるにつれて、皮脂は酸化して黒ニキビとなります。

 

黒ニキビから炎症が起こり赤ニキビになるケースもあれば、黒い皮脂がターンオーバーでうまく押し出されず、ずっと残ってしまうことで毛穴の黒ずみになることもあります。

 

 

間違った洗顔で汚れが落ちていない

 

黒ニキビによる毛穴の黒ずみを、肌のターンオーバーで押し出し排出するという方法の他に、洗顔によって毛穴の汚れとともに黒ずみを落とすという方法もあります。

 

正しく洗顔ができていれば、頑固な黒ずみでない限り、毛穴の汚れとともにしっかり落ちるはずです。
けれども、洗顔方法が間違っていたり、洗浄が不十分だと黒ずみが残ってしまうのです。

 

ゴシゴシこする洗顔が洗浄力のある洗顔ではありません。
毛穴が開いた状態で優しく洗うのが正しい洗顔方法なのです。

 

 

皮脂を取り出すという方法もある

 

白ニキビも黒ニキビも、言ってみればまだ炎症は起きていないので、ニキビ跡ができる可能性は比較的低いのです。
黒ニキビが黒いニキビ跡にならないよう対策するのも大事なことですが、黒ニキビの段階で正しく皮脂を取り出すという方法もあります。

 

「ニキビはつぶさないように!」とよく耳にしますが、炎症にならない方法で正しくつぶすのも場合によってはニキビ跡対策になります。
ニキビをつぶすことで絶対にニキビ跡を残したくないという人は、皮膚科で皮脂を取り除いてもらう手段もあります。