ニキビ跡ができる原因

MENU

またできてしまった!ニキビ跡の原因とは?

メイクをしてもなかなか隠しにくいニキビ跡ですが、なぜ跡ができてしまったのか、考えたことはありますか?
ニキビができたからといって、全ての人のニキビがニキビ跡として残るわけではありません。

 

ニキビ跡が残る人と残らない人では、一体何が違うのか?
ここでは、ニキビ跡の原因についてお話しします。

 

 

ニキビが悪化するとなぜ跡が残るの?

 

肌の状態が良好ならば、ニキビができてしまっても、分泌された皮脂は毛穴から排出されて自然に治っていきます。
しかし、状態があまりよくない肌にニキビができると、分泌された皮脂は毛穴からうまく排出されなくなり、長い時間毛穴にたまり続けることになります。
すると、皮膚の炎症を起こす原因となるアクネ菌が活性化し、ニキビは悪化するのです。
アクネ菌による炎症で皮膚がダメージを受けると、それがニキビ跡として残ります。

 

 

ターンオーバーの乱れがニキビを悪化させる

 

肌の一番外側にある表皮が新陳代謝することを「ターンオーバー」といいますが、ターンオーバーのサイクルは28日周期なので肌の表皮は28日周期で古いものから新しいものへと生まれ変わることになります。
状態が良好な肌とは、肌のターンオーバーのサイクルが正常な肌のことをいいます。

 

肌のターンオーバーのサイクルが正常ならば、ニキビができても皮脂はちゃんと毛穴から排出されるので、アクネ菌が活性化するレベルまで達することはありません。
つまり、ニキビが悪化してニキビ跡が残る原因は、肌のターンオーバーのサイクルの乱れによるものがほとんどです。

 

 

間違ったスキンケアによってターンオーバーが乱れる

 

ニキビがきっかけで皮膚に炎症が起こったときに、ニキビ跡ができる可能性が高くなります。
皮膚の炎症は、肌のターンオーバーのサイクルの乱れが原因で起こることが多いのですが、ターンオーバーの乱れは間違ったスキンケアによって起こることがあります。

 

中でも、洗顔のしすぎや肌に刺激を与えすぎる洗顔方法はとても危険です。
肌に刺激を与え続けることで、肌の表皮が薄くなり、ターンオーバーのサイクルも乱れます。
さらには、外からの刺激から肌を守るバリア層の機能も低下するので、ニキビができやすい肌になるのです。
ニキビができやすい上に治りにくい状態の肌は、いつニキビ跡ができてもおかしくない肌だといえます。