ニキビ跡に効果のあるピーリング化粧水

MENU

ニキビ跡に効くピーリング化粧水

クレーター状のニキビ跡でない限り、ニキビ跡は治ります。
ニキビ跡の改善に有効な化粧品のひとつにピーリング剤があります。
ピーリング剤は、肌の表面にある角質層を剥がすことで古い角質を排出し、肌のターンオーバーを促進させるものです。

 

ピーリング剤には石鹸タイプのものや化粧水タイプのものなどいくつかのタイプがあります。
ここでは、ピーリング化粧水を使う時の注意点をお話しします。

 

 

古い角質の排出を促すピーリング化粧水

 

ピーリング化粧水は、化粧水と同じように使うことで、低刺激なピーリング剤が肌のターンオーバーを促すよう少しずつ働きかけてくれる化粧水なのです。
配合されているピーリング剤はグリコール酸やフルーツ酸、サリチル酸などの酸性のピーリング剤です。

 

普通のピーリング剤より、もちろん濃度は薄いので刺激も少ないです。
そのため、少しずつしか古い角質は排出されていかないので物足りなさを感じるかもしれません。

 

しかし、使い続けることで確実に肌のターンオーバーは促進されてニキビ跡も改善されますのでお勧めです。

 

 

ピーリング剤のような強い効き目はない

 

ピーリング剤は、塗ってすぐに角質層を取り除けるくらいですから、効き目も感じやすく、それなりに刺激も強いです。
それに比べて、ピーリング化粧水は低刺激なので効き目がすぐには感じられません。

 

なかなか効き目が感じられなくても、少しずつ肌のターンオーバーを促進するために働きかけてくれているので、肌トラブルなどがない限り長く使い続けるようにしましょう。
長く使い続けることで効果を実感できます。

 

 

低刺激でも使いすぎには注意すること

 

一日も早くニキビ跡を消してしまいたいという思いから、ピーリング化粧水を何度も使いたくなる気持ちはわかりますが、いくら低刺激とは言っても、頻繁に使うことで肌荒れを起こすこともあります。
普通の化粧水と同じように、朝と晩の保湿のために使うような感覚でピーリング化粧水を使うようにしましょう。

 

正しい使用頻度により長く使い続けることで、クレーター状のニキビ跡にも効果があると言われています。
古い角質が剥がれるように促すのがピーリング化粧水です。
少しずつ肌の状態を改善して、ニキビ跡も確実に消していきましょう。