ベビーパウダーによるお尻のニキビ跡対策

MENU

お尻ニキビ跡対策にベビーパウダーを活用!

厄介な肌トラブルの救世主として最近注目されているベビーパウダーですが、実はお尻のニキビ跡の改善にも有効なのです。
ベビーパウダーは、赤ちゃんの肌でも安心して使えるパウダーですから肌への刺激も少ないからです。

 

ここでは、ベビーパウダーを使ってお尻のニキビ跡を改善する方法をご紹介します。

 

 

■お尻ニキビ跡が悪化するのは夏

 

一年の中で、お尻ニキビが悪化しやすいのは夏です。
夏は汗もよくかきますし、皮脂も多く分泌されます。
下着を改善して通気性をよくしてみても、汗や皮脂ですぐ不潔になったり蒸れたりして肌荒れが起こりやすくなるのです。
もちろん、ニキビもできやすくなります。
お尻にもともとあったニキビ跡もそれによって悪化し消えにくくなるのです。

 

 

■肌荒れ防止のためのベビーパウダー

 

不潔になったり、蒸れが生じやすい夏に特に活用したいのがベビーパウダーです。
ベビーパウダーは赤ちゃんのお尻かぶれを防止するためのパウダーで、蒸れによる肌荒れを防ぐアイテムとして定番になっています。

 

そんなベビーパウダーは、お尻のニキビ跡の改善にも有効なパウダーです。
お尻ニキビ跡が悪化しやすい夏には、特に活用していただきたいです。

 

ベビーパウダーは肌の水分と油分をうまくコントロールし、皮脂を詰まらせにくくする働きを持っています。
汗や皮脂が多くなる夏は、お尻にベビーパウダーを塗ってお尻ニキビ跡対策をしましょう。

 

 

■摩擦による刺激からも守ってくれるベビーパウダー

 

ベビーパウダーには、外からの摩擦による刺激から肌を守ってくれる働きもあります。
赤ちゃんのお尻は刺激に弱く、オムツの摩擦によりかぶれてしまうことも多いですね。
しかし、ベビーパウダーを塗っておくと摩擦によるかぶれも防ぐことができます。

 

つまり、ベビーパウダーは、大人のお尻ニキビ跡を下着の摩擦による刺激から守って改善に向けてくれる効果もあるのです。
赤ちゃんのようなサラサラのお尻になりたければ、ベビーパウダーをフル活用して、蒸れからも摩擦からも守るようにしましょう。

 

保湿だけではなかなか改善されないこともあります。
季節によって汗や皮脂の量も随分変わりますから、ベビーパウダーを塗っておけば季節に関係なく、お尻をサラサラに保つことができます。

 

安価で手に入るアイテムでもありますから、お尻のニキビ跡だけでなく、背中などのニキビ跡にも活用できます。