下着の見直しによるお尻のニキビ跡対策

MENU

お尻ニキビ跡を消したければ下着の見直しを

ほぼ毎日入浴もしているし、しっかりと石鹸も洗い流しているつもりなのに、繰り返しお尻にニキビができてしまうことありますよね。
さらには、同じところにお尻ニキビを繰り返して、ニキビ跡ができてしまったという人も多いでしょう。

 

そんなお尻ニキビ跡は下着を変えることで改善されることがあります。
ここでは、お尻ニキビ跡を改善するための下着選びのポイントをお話しします。

 

 

ポリエステルなどの化学繊維は避ける

 

繰り返すお尻ニキビは、下着による摩擦やムレが原因になっていることが多いです。
いつも清潔にしているはずなのに、お尻ニキビができやすかったり、ニキビ跡が消えないのは、下着が摩擦しやすく蒸れやすい場所なのかもしれません。

 

摩擦や蒸れでお尻ニキビがよくできる人は、一度下着の素材の見直しをすべきです。
通気性が悪く肌触りの悪いポリエステルなどの化学繊維が素材となった下着は使用しないようにしましょう。

 

 

サイズが合っているかを確認

 

サイズが小さい下着を日常的に着用していると、血行が悪くなり、お尻ニキビができやすくなったり、ニキビ跡が消えにくくなります。
血行が悪くなることで新陳代謝が低下します。
新陳代謝が低下するということは、肌のターンオーバーサイクルが長くなるので、ニキビ跡が治りにくくなってしまうのです。

 

お尻ニキビ跡を改善したいのなら、少し大き目の下着を着用することです。
デスクワークが多く、お尻の血行が悪くなるような姿勢をすることが多い場合には特に注意が必要です。

 

 

コットン100%や縫い目のない下着を

 

お尻のニキビ跡を消すために有効な下着は、コットン100%素材のものや縫い目のない下着です。
肌触りもよく、通気性も抜群なコットン100%の下着は、お尻のニキビ跡改善にかなり有効です。
ニキビ跡だけではなく、ニキビ自体もできにくくなります。

 

縫い目のない下着は、敏感肌用の下着として最近多く販売されています。
下着の縫い目がお尻にこすれてニキビができる人も多く、その場合は縫い目自体をなくさなければ、なかなか改善は難しくなってきます。

 

縫い目付近にできてしまったお尻ニキビ跡がなかなか治らないという人は、一度縫い目のない下着を試してみてください。
刺激をなくすことで、ニキビ跡が改善に向かっていくでしょう。