保湿による背中ニキビ跡対策

MENU

乾燥による背中ニキビ跡!保湿ケアの方法

顔のニキビ跡もなかなか治らないことが多いですが、背中のニキビ跡も治りにくくて頑固です。
ずっと残っている背中ニキビ跡のせいで、夏におしゃれを楽しめなかったという女性も多いと思います。

 

ここでは、背中のニキビ跡を一日も早く消すための保湿方法をご紹介します。

 

 

乾燥により皮脂が分泌する

 

背中の乾燥によってニキビ跡が治りにくくなるのは、乾燥を補うために皮脂が分泌され、ニキビを繰り返すことでニキビ跡がひどくなるからです。

 

治りかけていたニキビ跡も、繰り返すニキビによりなかなか消えてくれなくなります。
また、乾燥が続くと肌のターンオーバーも正常に行なわれなくなり、古い角質が残りニキビ跡が消えにくくなるのです。

 

背中のニキビ跡を一日も早く消したいのなら、十分な保湿を行なうようにしましょう。

 

 

いつものスキンケア化粧品で保湿を

 

背中の保湿は、顔の保湿と同じように化粧水と乳液で行なうのが最も効果的です。
十分な保湿というのは、水性化粧品と油性化粧品がそろわなければできません。

 

水性の化粧水で水分を補い、背中が潤ったら今度は油性の乳液でバリア層を作ってあげましょう。
この二つの機能がそろって初めて、十分な保湿ができたと言えるのです。

 

乾燥している肌は角質層が薄くなっているため、刺激により炎症が起こりやすい状態となっています。
つまり、バリア機能が低下している状態と言えるのですが、そのバリア機能を上げるために油性化粧品が重要となってきます。
かなり刺激を受けやすい背中には油性のクリームを塗りましょう。

 

 

刺激の少ない下着を着用する

 

 

しっかりと保湿をしても、肌の状態が悪いとなかなか乾燥は改善されません。
乾燥したままの肌は、ちょっとした摩擦でも炎症や肌荒れが起こってしまいます。

 

もしも、あなたの背中が今そのような状態にある場合は、肌触りのよい下着に変えるなど刺激を少なくする努力をしましょう。
下着からの刺激で肌荒れを繰り返すと、ニキビ跡が悪化して治りにくくなることもあります。

 

皮脂がたまってもなるべく清潔に保つためには、通気性も必要となってきます。
そうしたことも含めて、背中の保湿効果をアップさせるには、コットンの下着がお勧めです。