白ニキビ対策の為の洗顔

MENU

正しい洗顔方法を覚えて白ニキビ予防

白ニキビはまだ初期段階のニキビですから、
ここから悪化させなければニキビ跡が残ることはありません。

 

しかし、悪化してニキビから炎症が起こると、
ニキビ跡が残ってしまうことがあります。

 

白ニキビの悪化を防ぐのに重要なのは洗顔です。
正しい洗顔をしていれば、それ以上悪化する確率はきわめて少ないです。
ここでは、白ニキビの悪化を防ぐための正しい洗顔方法をご紹介します。

 

白ニキビを悪化させない正しい洗顔方法

 

(1)まず、手を洗いましょう。洗顔は清潔な手で行ないます。

 

(2)毛穴を開いて、皮膚を柔らかくするために、蒸しタオルで顔を30秒間ほど覆います。

 

(3)メイクをクレンジング剤で落とします。
白ニキビができている周辺は、摩擦を少なくするために、優しく扱うようにしましょう。
クレンジング剤はぬるま湯で洗い流します。ぬるま湯の温度は37度くらいがベストです。

 

(4)洗顔料を泡立てます。
十分な泡を使って皮脂が出やすい額や鼻の周辺を優しく洗ったら、皮膚が弱い目や口のまわりなど残りの箇所も優しく洗います。
洗う時は、泡で洗うような感覚でゴシゴシとこすらないようにします。

 

(5)洗顔料をぬるま湯で洗い流します。
この時、丁寧にゆっくりと何度も顔をすすぎましょう。
ここでも、ぬるま湯の温度は37度くらいがベストです。

 

(6)なるべく柔らかいタオルで顔をポンポン軽く叩くようにしながら水分を取っていきます。
あくまでも水分を取るだけなので、タオルはこすりつけないようにしましょう。

 

 

洗顔で注意する点

白ニキビがある時の洗顔で注意することは、
とにかく刺激を与えないことです。

 

クレンジングの前に蒸しタオルを活用するのは、
熱気によって毛穴を開き、肌を柔らかくするためです。

 

毛穴が開いていると、ゴシゴシと力を入れなくても
毛穴の汚れが落ちやすくなります。

 

クレンジング剤は、基本的に何を使っても大丈夫ですが、
コットンで拭き取るタイプのものだけは避けたいです。

 

コットンをこすりつけることで、
肌に刺激を与えて白ニキビを悪化させることがあります。

 

洗顔は十分な泡で行なうようにしましょう。
泡が少ないと洗浄力が少なくなる上に、
指でこする洗顔になってしまうので刺激も強くなります。

 

泡が立ちにくい洗顔料をお使いの人は、
泡立てネットの活用をお勧めします。

 

最後にタオルで顔を拭く時は、絶対にこすらないことです。
タオルは肌に当てるだけで水分を吸収してくれます。

 

こすりつける必要はひとつもありませんから、
ゴシゴシとタオルをこすりつけないように注意しましょう。

 

白ニキビの段階は比較的ニキビが治りやすい段階で、
ニキビ跡も残りにくいので、正しい洗顔によって悪化を防ぐように努めていきましょう。

 

女性用のスキンケア商品はいくつか種類がありますが、
男性用となると女性用ほど商品が充実しているわけではありません。

 

男性のニキビ対策、洗顔方法についてはコチラから!
関連:男のニキビを治す6つの方法

 

ニキビに悩む男性のニキビ対策や洗顔方法・スキンケア用品を紹介しています。