白ニキビの症状について

MENU

白ニキビの症状について

ニキビにはいくつかの段階があり、段階によってニキビの色が違います。
初期段階は、皮脂が毛穴につまっている白ニキビです。
白ニキビのうちにちゃんとニキビが治ってくれればよいのですが、治らないこともあります。
白ニキビからさらに悪化すると、ニキビは一体どうなるのでしょう?
ここで詳しくお話しします。

 

 

白ニキビが悪化すると黒ニキビになる

 

白ニキビは、毛穴に皮脂がつまっている状態により白く見えるニキビのことを言います。
その皮脂がターンオーバーができていないせいで排出されずにいると、毛穴につまったままの状態になります。

 

毛穴につまった皮脂が、外に出ようとして出られない状態になると、毛穴が開いているところに皮脂がつまっている状態となります。
そうすると、皮脂が空気中に触れることで酸化を起こし黒ニキビとなってしまいます。

 

 

黒ニキビから赤ニキビへ

 

黒ニキビになると、ニキビが目立つようになり、一日も早くそれを解消しようとして、むやみに皮脂を出したくなってしまいます。
しかし、無理に皮脂を押し出したり、それによってニキビをつぶしてしまうと、今度は毛穴の中で炎症が起こり、赤ニキビへと進行します。

 

炎症しているということは、肌にも負担をかけているということなので、ニキビ跡になる可能背が高くなっている状態です。
中には白ニキビの段階から、ニキビが気になり無理につぶしたり、無意識に触ったりして赤ニキビへと進行してしまう人もいます。

 

ニキビ跡を作らないためには、何よりも炎症を起こさないことです。

 

 

炎症によってニキビ跡ができる

 

ニキビ跡というのは、ニキビができたから跡が残ったというものではなく、ニキビがきっかけで炎症が起こり、肌に負担がかかってしまったからできてしまうものなのです。
つまり、ニキビはただのきっかけにしか過ぎません。

 

ニキビによる炎症が起こらないうちに一日も早く治すことが、ニキビ跡の対策となります。
皮脂が排出されにくい肌であったり、炎症を起こすような行為により、白ニキビは黒ニキビや赤ニキビへと悪化してしまいます。
ニキビの段階が進むごとに、ニキビ跡ができる確率は上がって行くということをしっかり把握しておきましょう。