ニキビ跡を消す為の正しいケアについて

MENU

ニキビ跡は消す為の正しいケア方法

「一度できてしまったニキビ跡はもう治らない」とあきらめてはいませんか?
あきらめるのはまだ早いです。
クレーター状のニキビ跡でない限り、ニキビ跡を改善するケアによって少しずつニキビ跡は消えていきます。
ここでは、ニキビ跡を改善するケア方法をご紹介します。

 

 

■肌のターンオーバーを促進する

 

ニキビを悪化させないためにも、ニキビ跡を一日も早く治すためにも、一番大事なのは、乱れている肌のターンオーバーサイクルを正常に戻すことです。
肌のターンオーバーサイクルが正常であれば、残ってしまっているニキビ跡の細胞も、新しい細胞に押し上げられて排出されてニキビ跡は消えます。
ターンオーバーがうまく行っていなければ、新しい細胞がなかなか生まれず、古い細胞がいつまでも残っている状態なのでニキビ跡は消えてくれません。
肌のターンオーバーサイクルを正常に戻すためのスキンケア方法、生活習慣によってニキビ跡は次第に改善されていくのです。

 

 

■適度なピーリングでターンオーバーを促す

 

肌のターンオーバーサイクルは正常であれば28日周期です。
ターンオーバーサイクルは28日より長くても短くても肌トラブルが起こりやすくなります。

 

ニキビ跡が治りにくい肌のターンオーバーサイクルは長くなってしまっているのがほとんどです。
ターンオーバーサイクルが長いだけに、肌の再生力も低下しているのでニキビ跡が治りにくいのです。
また、古い細胞がなかなか排出されない状況なので、古い角質がたまって分厚くなることで、肌の表皮は硬くなっています。
表皮が硬くなると、美容成分も浸透しにくいので、外からのニキビケアの効果がなかなか得られません。

 

 

■ビタミンや美白成分の補給

 

適度なピーリングを行なっているうちに、肌の表皮は次第に柔らかくなってきます。
すると、美容成分も肌の奥まで浸透しやすくなります。
ニキビ跡の改善には、外からのケアも重要です。

 

肌の再生力を高めるビタミン類やメラニン色素の沈着を改善する美白成分などを意識して補給するようにしましょう。
また、食事による補給も大切です。
肌の原料であるタンパク質、肌のターンオーバーを促すビタミン類を積極的に摂ることで、ニキビ跡を改善していけます。

 

なかなか治らないニキビ跡には、治らない原因が必ずあります。
それをしっかりと把握して、正しいケア方法でニキビ跡を撃退しましょう。