ビタミンと紫外線対策で茶色いニキビ跡を治す

MENU

茶色いニキビ跡はビタミンCとUVカットで消える

赤いニキビ跡は血液が主に関係していますが、茶色いニキビ跡はメラニン色素が関係しています。
メラニン色素が大量に発生してそれが肌に残ると、茶色いニキビ跡になるのです。
そこには紫外線が影響することもありますから注意が必要です。

 

できてしまった茶色いニキビ跡を消すためには何をすればいいのか?
治療法がわからない人に向けて詳しくお話しします。

 

 

茶色いニキビ跡ができるメカニズム

 

茶色と聞いたとき、多くの人がシミやそばかすを連想するでしょう。
中にはニキビ跡ではなく、シミができたと勘違いする人もいると思います。
茶色いニキビ跡とシミ、実はできてしまうメカニズムはよく似ています。

 

ニキビにより炎症が起こると、その炎症を抑えるためにメラニンが発生します。
発生したメラニンは、本来はターンオーバーとともに排出されるのですが、ターンオーバーがうまくいっていない肌の場合は、ちゃんと排出されずに残ってしまうのです。
つまり、それこそが茶色いニキビ跡の正体なのです。

 

シミの場合は、紫外線を浴びて肌が炎症状態になることでメラニンが発生し、茶色いニキビ跡と同じく、その後のメラニン排出がうまく行かなかったとき、シミができてしまうのです。

 

 

ビタミンCがなぜ有効なのか?

 

肌に残っているメラニン色素を分解する作用があるのがビタミンCです。
同時に、メラノサイトからメラニンが発生するのを抑えてくれる作用もあるので、茶色いニキビ跡の対策にはビタミンCが有効なのです。

 

ビタミンCは誘導体として外から補給してもいいですし、食べ物から摂ることで内側から補給してもいいです。
肌のターンオーバーを促進するビタミンB2と一緒に摂ることでさらに効果が上がります。

 

 

UVカットの重要性とは?

 

茶色いニキビ跡は紫外線を浴びることでさらに濃くなってしまうこともあります。
メラニン色素が残ってしまっているところに、またメラニン色素が発生するために色が濃くなるのです。
茶色いニキビ跡ができているということは、メラニン色素が排出されにくい肌だということですから、紫外線により発生したメラニン色素も確実に残ってしまいます。

 

さらなるメラニン発生を防ぐためには、UVカットが重要となってきます。
治るはずだったニキビ跡が治りにくい頑固な茶色いニキビ跡になってしまわないように、紫外線に対しては特に注意するようにしましょう。